パチンコ訴訟で市が敗訴

なんてことでしょう。
パチンコ産業がはびこってるのは日本だけ。
パチンコ自体を違法化するべき。

「違法な図書館設置で出店阻止」…市に賠償命令

 パチンコ店の出店を予定したビルの隣に国分寺市が図書館の分館を設置したため、風営法などで出店が禁じられて損失を受けたとして、静岡県のパチンコ店経営会社などが同市に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は19日、同市側に約3億3400万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

 志田原信三裁判長は「出店を阻止するための違法な図書館設置で、原告の営業上の権利を侵害した」と指摘した。

 判決によると、同社はJR国分寺駅前のビルにパチンコ店を出すことを計画していたが、駅前の再開発を計画した同市などが反対。同市議会が2006年、ビル隣接地に市立図書館の分館を設置するとの市条例の改正案を可決した。風営法などは図書館から50メートル未満でのパチンコ店の営業を禁じており、同社側は出店を断念した。

 訴訟で同市側は「図書館設置は市民の要望に応えたもので、パチンコ店の出店阻止の意図はない」と主張したが、判決は「議会で出店阻止が議論され、市も顧問弁護士らに出店阻止の法的問題を相談していた」と指摘。「市の手法は社会的相当性を逸脱している」として、出店していれば得られた利益などを基に同社側の損害額を算出した。

2013年7月19日14時41分 読売新聞)

図書館設置「異例の速さ」 パチンコ店訴訟

 「出店阻止が目的で、違法」。市立図書館分館の設置によりパチンコ店の出店を阻んだとして、国分寺市に賠償を命じた19日の東京地裁判決は、市と市議会が一丸となって異例の速さで分館設置を実現させた背景を問題視した。当時、図書館設置の決定に携わった関係者からは「市民や市財政のことを考えた対応だったのに……」と“敗訴”に戸惑いの声が上がった。

 原告のパチンコ店経営会社が出店を断念した契機となったのは、2007年2月の「市立本多図書館駅前分館」のオープン。風営法などは図書館から50メートル未満におけるパチンコ店の営業を禁じているが、出店予定のビルは、図書館分館の真横に位置していたからだ。

 分館設置は06年12月、市議会に議員提案された条例改正案が、全会一致で可決されたことで実現。その直前の定例会などでは、市議から「あらゆる法令を動員して、出店を阻止するべきだ」「四方八方から手を尽くして対抗措置を尽くしてほしい」などの意見が出ていた。

 志田原信三裁判長はこれらの経緯を、「市長提案では出店阻止が間に合わないと判断したために、代表者会議を緊急招集し、議員提案することを決めるなど、異例の速さで手続きが進められた」と指摘。分館設置の必要性を議論することを「アリバイ」と表現し、出店阻止が目的であったことを全面的に認めた。図書館分館は、今年5月に移転している。

 ただ、条例改正案を提出した当時の市議の一人は、「市民からは実際に『駅前に図書館がほしい』との要望を受けていた」と振り返る。また、出店予定地が北口再開発事業の区域内であったため、権利変換による補償費の増大という財政面への懸念もあり、「出店阻止だけが理由ではなかった」と話す。

 市は「判決内容を確認し、今後の対応を協議するためコメントはできない」としている。

2013年7月20日 読売新聞